ただ、真っ直ぐで在ること。

1人の女の子の日常。

それでも

大好きで大好きで仕方ない場合は

どうしたらいいのだろう

 

思い出しては涙が出そうになったり

はたまたなんで、って怒りがあふれたり

 

全部、好きだからなのだけど

 

想いは

届かないと

 

わたしは

消えない

 

またそうやって想い続けて

またあの深い深い闇に堕ちるのかと

よねの時に感じたあの絶望感を

 

もう、感じたくないのに

 

忘れられないの

フェイスにタグ付けされてたときの

あの感覚が

 

あのときの

絶望感が

 

ひどくフラッシュバックする

 

忘れちゃったの?

わたしのことどうでもいいの?

 

そんな風に

思ったわたしを

 

 

もう、とどまりたくないのに

わたしのこころは

 

あの人が好きだと

揺れている

 

会うのは怖いくせに

もう、また近づく勇気もないくせに

 

 

好きなんだって