泣き虫な頑張り屋さんが、幸せになるお話。

My hero が My darling になるまで

わかんないんだよ

あかん
たぶん抑えてた小さな一つ一つが弾になってわたしの中にあふれてクルーーーーーーー

わたしさびしかったんだよーーーー
わかんなかったんだよーーー
近付いたら離れて
これはいいのかな?ダメなのかな?って探して

どうしたらどっちも笑えるかな?って
ただひたすら、探してただけなのに

ただ、そうしてあげたいと思った
ただ、叶えてあげたいと思った

ただ、それだけなんだけど

いつからさびしいって気持ちがつもってたんだろう
いつから不安って気持ちが積もってたんだろう

いつから、自分の心を抑えてたんだろう

いつから、見えない相手を気にしてたんだろう

それでも、ティアラ通う前よりも素直に自分の感情が言葉に出て来るから幸せ。

なんで泣いてるのかわかるようになったから
しあわせ。

誰かが悪いじゃなくて、みんな少しずつボタンを掛け違えてるだけ。
だって、
こんなに想って泣けるのは
それでもそこにいてくれるのは

それを見過ごさないって決められた
愛情が、あるからだ。

それがなかったら、わたしだってここまで感情が揺れない。

それだけはね、わかるんだよーーーー