泣き虫な頑張り屋さんが、幸せになるお話。

My hero が My darling になるまで

けっきょくのところ

仕事で私の知らない話をされるのがいやなのだ

 

わたしの価値をそこにおこうと思っていたのに

 

ってことだ