わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

あるひとつぜん

なんか

どうでもよくなった。

 

と、いうか。

 

あれ?そんなにすきじゃないって

 

この人に身を捧げて

この人のいいなりになりたい?

 

この人がもしわたしに傾いたとして

すぐにとびつける程、愛してる?

 

いや、それ、できないかも。

 

そんな風に思いだした。

 

わたしはこの人に

最後の自分のバンジーを

ただ自分のために

やりたいみたいだ。

 

なんつーか

ただ、それだけ。

 

それ以上も以下もない。

 

期待してないんだ

 

おお、おお。

 

手放せたな。

 

ちょっと、虚しい。

ちょっと、寂しい。

 

でも、手放せた。

 

向こうが変わらないと

わたしにはもう、いらないみたい。

 

そして変わらなくても変わっても

どっちでもいい。

 

なんか、もっと

良い男がいる。

 

確信的にそう思う。

 

じゃあわたしができることは?

 

わたしを、より磨くこと。

 

仕事も

恋愛も

友情も

 

わたしはわたしのままで

 

より高みを目指そう。

 

昨日、約束忘れられていたことに

ひどく悲しかった。

 

だけど、それもすべて

わたしをみてよ、につながっていたから

 

その時の気持ちのままを

先回りすることもなく

伝えた。

 

いいよ、忙しかったもんね

と言ってあげたいけれど

わたしの楽しみにしていた気持ちも大事にしたいから

何も、言えません

 

あなたを傷つけたいわけじゃなくて

でもわたしの気持ちも大事にしたくて

だから、何も言えない

 

ただそれだけ。

 

すみませんでしたって来ていたけれど

謝ってほしいわけでもなくて。

 

どうしたい?わたしは、どうしたい?

 

そう考えた。

 

謝られて、ここで許せる程

わたし、優しくない。

いいよなんて、、言えない。

 

行動してほしいのだ。

それが、答えだから。

 

最後に試してる。

だから、

 

申し訳ないですが、

お考えいただけますと助かります。

いつもなら出てくる言葉たちが出て来ません。

責める気持ちはありません。

 

そう、つたえた。

 

わたしのことを

必要としないなら

 

わたしは

そんな人を必要としない。

 

でも、でも。

あと一つのかけらが、残ってて。

 

ほんの少しの、期待。

 

あわい、あわい。きたい。

 

それは、あってもいいよね。

 

それが最後の

わたしの愛のかけら。

 

やっとここまできたな。

 

あとは神様に委ねよう。

 

とても、自分らしい。

凛とした、強さだ。

 

おかえり、わたし。

大丈夫。

 

これが、わたしだ。