わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

わたしを見てよ

昨日、ひょんなことから、
うさこさん上級おわりのティアラメンバーが
カウンセリングをしてくれましたー。
(最初はわたしが励まそうと思ったのに
結果的にわたしがひとつ開いたという、、、)

子供の頃のこと
お父さんについて
お母さんについて

そんなことを聞かれてポコポコと答えてるうちに

出てきた。

魔物が。笑


わたしは、いつもみんなのバランスを取って生きてきた。

バランスを取るということは、
得てして、自分を隠す、抑えるということだ。

言えない言葉は、
「わたし(だけ)を、見てよ」
だった。。。

その言葉、友達にも親にもましてや男になんて言えない。

一度ひらくと、
ぎゅーってしてーとか
エッチしよーとか容易なくせに。笑

その、ひらく鍵はすべて。

「ねぇ、わたしを見てくれてる?」
の、答えを受け取れた時だ。

思えば、長く付き合ったひとも
一度わたしが素直になれなくて
危機になったような。
そこで、やっと、やっと、素直になれたんだ。

向こうが、怒ったから。
こんなに本気なんだから!って、
向こうが言って初めて、信じてた。

そこに気付いたら、もーね、全部そーなんだわ、、、笑

仕事頑張ったのも、頑張ったら見てもらえるから。
相手の意見を飲み込むのも、頑張ったら見てもらえるから。
怒らないのも、頑張ったら見てもらえるから。

指輪を見て動揺するのも
「家に着いた」と言われるのが怖いのも
飲んでる中においでよって言われるのが嫌だったのも
全部、全部

「わたしを見て」
なんだなぁ、、、と。。。
だいぶ整理できたからこそ、
やっとここを見つめられるようになったんだなぁと。

でも根底には、
「わたしは頑張らないと見てもらえない」
がいるからさ。

仕事はまぁ、そんなに困らないけど
でもやっぱ、頑張らなきゃって思っていたのは確か。

それなりにうまくいってるのに
もっと頑張らなきゃって思ってた。
いや、今も思ってる。

これだなーと。

「わたしを見て」
「こっちを見て」
「よそ見しないで」

さぁ、この言えない言葉たち。
気付いてしまったどうしよう!笑

みてほしいのに、みてもらえないと思ってる。
だから、みてもらえない人を巧妙に探し出しては
ほら、やっぱりわたしはみてもらえない!を
繰り返していたみたいだ。わはは。

ここに気付いたら少し気が楽になった。
いつかきっと、
「わたしをみてほしかった」って、伝えるんだと思う。

カウンセリングをしてくれた彼女が出した勇気を見て、
わたしもわたしの心を大事にするために
スーパー高い渓谷からのバンジージャンプをする準備を
やっとこさ、し始めましたというお話でした。