わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

おいていかないで

ここ最近、強烈に感じるのがこれだ。

 

置いていかないで

 

とてつもなく、こわくなる。

 

わたしの道と

彼の道は

それぞれの道なのもわかっていて。

 

それぞれがそれぞれに進んでいくんだ。

 

でもなんかわからないけれど

一度交わった場所があったからこそ

 

もう、交わらないんじゃないかと

もう、わたしはいらないんじゃないかと

 

こわく、なる。

 

それだ。

まだ残る、無価値観。

 

わたしの、価値。

 

君といることがわたしの価値じゃなくていい。

 

君は君で、価値があるんだよ。

 

そうやって立っていることが、

わたしが輝くことだってのもわかる。

 

わかるからこそ、

こわい。こわいよ。

 

今日は連絡出来ないよ、みたいな風に

ちゃんと、教えてくれてるじゃん。

 

あのひとは、何も変わってないのかも。

 

いや、少しずつ変わってるのかも。

 

変わるからこそ、

不安になって。

 

交わらなくていいなんて

これっぽっちも

思ってないことが、わかる。笑

 

ああ、仕方ないなぁーもう。

 

わたしはじゃあ、どうしたい?

どうする?

 

これ、見つめに行こうか。

 

さて、またひとつ超えるものができたかな。

 

見てほしい思いはそのままに。

 

昔より、だいぶ強くなった。

 

大丈夫、大丈夫。

 

もう仕方ない。

好きなのだ。

 

それだけなのだ。

なんか、結婚できなくてもいいかもって思い出した。笑

 

というか、好きな人といたい。

 

やっぱ、ちゃんと言おう。

キミが、好きだよって。

 

そんだけ。