わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

キミが好きだったから

キミがすきだった。

だいすきだった。

 

だから、離れようと、した。

 

キミがすきだった。

だいすきだった。

 

だから、傷付けようと、した。

傷付けて、わたしのそばにいてほしいと願った。

 

キミがすきだった。

だいすきだった。

 

でも、わかってた。

どうしようもないことが、あることを。

 

何もしなくても、

ただただ、その事実だけで

わたしたちは、互いに

罪悪感を持って、互いに傷付けた。

 

深く、深く。

 

好きだから、疲れた

 

そんなふうに、苦しくなるところまで。

 

きっと、離れるのは正解なのだ。

 

いなくなったとき、まっさらになったとき

そこに輝く光が、

わたしにとってはあなたなら。

あなたにとってはわたしなら。

 

きっとそこは、恐さも乗り越えて

もう一度、出会い直せるんだろうなぁと思う。

 

うん、委ねる。

 

まだわたしの心は怖がってるし

しばらくは会わないようにしたい。

 

自分を守るために、会わないようにしたい。

リーダーに、伝わるといいな。

迷惑をかけよう。ごめん。

 

何年かかるかな。

何ヶ月かな。

来年かな。

わからないけれど、きっといつか

また、笑って話せる時が来るのだと

 

瞬間的にそう思う。

 

向こうはどう思ってるのかなんて、

わたしだって社用メールで感情出してないわけだから

わかるはずがないしね。

 

ただ、投影ならば。

向こうもきっと、会いたいけど、会いたくない

会いたくないけど、会いたい。

 

そんな気待ちだろうなぁと、おもう。

 

まぁ、いまは

自分のことを大事にするよ。

うん。

 

そんな風に思った日でした。