わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

今日もざわつき。

朝一番で、カレンダーをチェックする。

 

今週は何があるかな

何をやらなきゃダメかな

 

そんな風に確認する。

 

ふと、リーダーのカレンダーに目がいった。

 

今週は、あのひとが参加するかもな会議はない。

(新担当さんが夏休みだから)

 

少し、気が楽だった。

 

、、、でも。

あれ?

リーダーのカレンダーに、あのひととの会議が入ってる。

 

しかも、リーダーとあのひとだけだ。

 

このアポのメール、来てたか?

わたし、知ってたか?

 

全身の血管が、沸騰する感覚を感じた。

 

悲しかったのだろう。わたしが。

痛かったのだろう。わたしが。

 

どうしてわたしにはその話をしてくれなかったの。

どうしてリーダーだけにメールしてるの。

 

わたしには話したくないの。

わたしを避けてるの。

わたしにはその話をする価値がないの。

 

、、、、そんな風に、ふと自分を責めました。

 

でもね、そこから。

わたしはもう、成長していた。

 

落ち着けわたし。

この話をわたしは、あのひととしたかったか?

いいや、したくなかった。

 

だってわからないのだもの。

難しいし、面倒だし。

わからないものを頑張るほど、

もう体力が残ってないのだもの。

 

じゃあ、もう、良くない?

ってか、ここにアサインされてなくてむしろしあわせなんじゃない?

 

会える機会は得られないかもしれない。

けれど、わたし、あいたい?

 

あのいつもの表面的な「良い人」の仮面をかぶってるあのひとに、あいたい?

 

あいたく、ない。

 

そんなふうに、思いました。

 

執着を手放せてるなぁと、心が落ち着きました。

 

会いたいかと言われると

いまはまだ、会いたいとは思えなくて。

 

まだ相手を責めるでしょうし

心が痛いと叫んでしまうから。

 

わたしは、わたしの人生を生きる。

 

もう一つ、本気で配置転換を考えるようになりました。

 

このチームが大好きで、

本当に本当に大好きです。

 

だけど、もうこの案件じゃなくても良いんじゃないかと思うようになりました。

 

心地良くて、安定したチームだったのだけど

 

もう、良いかもと思うようになりました。

 

ひとつ手放すと、次も手放したくなるものなんだな。これは。

 

色々と怖いけど、、、ちょっと考えようと思います。ここはね。

 

大丈夫、わたしは前に進んでる。