わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

わたしはしあわせなんだ

わたしは、しあわせなんだ。

 

暖かい家もあるし

待遇の良い会社で正社員

新卒3ヶ月で辞めたあと、

派遣も契約もやって。

それでも自分の中の信念がブレなかったから

いまの場所に、戻ってこれた。

 

わたしがだいぶグラグラしてて

心が揺れてしまって仕事がままならないときも

わたしのリーダーは、信じてくれた。

 

わたしが相棒のことで揺れて大泣きしても

それを受け止めてくれる後輩も出来た。

素直が1番ですよって、教えてくれた。

 

大親友と呼べる人もいる。

あなたの幸せが1番なんだよって教えてくれる彼女がいて

本当に良かった。

 

わたしが弱って大泣きしたときには

必ずそばにいてくれるお母さんがいる。

 

わたしが弱ってお家にいるときには

何も言わずにそっとしておいてくれるお父さんがいる。

 

あなたが、あなたでいいよと

教えてくれる人が、たくさんたくさん、いる。

 

わたしは、愛されてる。

既にたくさん、愛されてた。

 

わたし、また頑張り過ぎたみたいだ。

 

また、彼氏作らなきゃって、頑張り過ぎたみたいだ。

 

また、自分を責めたみたいだ。

 

そして、これは理由がある。

相棒に、彼氏は作れよと、言われたからだ。

 

悲しかった。

でも同時に、前よりは傷付かなくなった。

だって、その意味が、本音がわかってきたから。

 

今度そういうことを言われたら、

はっきりと

もう散々、あなたにはこの気持ちを見せないようにと

頑張って来たので、

まだ頑張れという言葉には

ハンパなくプレッシャーを感じます。

と、伝えよう。

きみにだけは、頑張れと言われたくないと

伝えよう。

 

ただね、ひとつだけ大きく変えられたんだ。

 

それはね、何もしないでいること、が出来てること。

 

昔は無意識にしてたのかもしれないけど

いまは意識して出来てるんだ。

 

だから、すごいなぁって自分をほめることにする。

 

ぐるぐると考え過ぎて

頭がぼーっとするくらい考えなくなった。

心臓が裂けそうになるまで考えなくなった。

 

疲れたら、たっぷり寝ることにした。

一人で引きこもることにした。

 

他の人といると、わたしは無意識に他の人に

気を使うように出来てるから。

 

それはこまるからね。

わたしは、わたしを大事にする。

 

そのためには、ちょっと引きこもらないと

自分を後回しにしちゃう。

 

なので、積極的に引きこもることにした。

 

いまは自分を大事にしよう。

これで結婚出来なくてもいい。

わたしはわたしを大事にしたい。

彼氏が出来なくてもいい。

わたしはわたしを大事にしたい。

 

あのひとと、仕事が出来なくてもいい。

わたしはわたしを大事にしたい。

 

わたしはわたしを大事にしたい。

そう、決めた。

 

どんなことが、わたしは喜ぶかな。

なにをしたら、わたしは喜ぶかな。

わたしの喜ばせ方も、今迄他人軸で決めて来たからさ、

どれが本当のわたしなのかわかんない。

 

けど、それもいい。

 

まずは、わたしが喜ぶことをしよう。

次の願いも、まだなくていい。

次の目的地も、まだ決めなくていい。

ここまでこれたことを、いまは味わおう。

 

大丈夫、わたしは大丈夫。

わたしはたくさんの人を愛して来た。

たくさんたくさん、愛を注いだ。

そんなわたしだから、愛されて当たり前だから。

 

わたしを、ちゃんと大事にしよう。