わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

これだ!

nemotohiroyuki.jp

 

すばらしい。これだ。

もちろん、本人はその努力を意識してしてるわけではないと思います。
近づきすぎたら、好きになりそうになったら、ヤバい、と感じて距離を取っていたり、「重たい」「めんどくさい」と感じて連絡を断ったりします。
でも、そう感じた時点で既に彼女にハマり始めてることを彼はまだ気付いていないのです。

 

そう、彼らは自由と自分勝手をはき違えてるわけですね。
でも、その主張は明確で「自分は誰の者にもならない」というわけです。

そうして心理的なイニシアチブを握りつづけようとします。

トンビになる秘訣。
・彼の気持ちに配慮して、などと言う大人の接し方をしないこと。
・ラインやメールのやり取りも相手に気を使ったやり取りをしないこと。
・彼の冷たい言動は怖れや恥ずかしさが作るものと心得、いちいち同様しないこと。
・彼のことを好きな気持ちを堂々と持つこと。
・怖がってる彼に「大丈夫、大丈夫。怖がらなくてもいいのよ。さ、こっちへおいで」と優しく、でも、強引に引っ張り込むこと。
・恥ずかしがる彼に「うん。お姉さんが優しくしてあげるからね(はあと)」と恋の手ほどきをしてあげること。
・すなわち、仮に彼が5歳年上でも、10歳下のチェリーボーイくんに接するかのような気持ちでいること。
・はっきり「No」と言わないならば、「Go」である。
・夜討ち朝駆けではないが、仕事場、家などに押し掛けるのも可。恋は盲目な振りをしてみよう。
・「こんなことしたら彼に迷惑かな?嫌われないかな?」という邪念は捨てること。
・彼のために良かれと思うことを全部すること。
・セックスがある場合は、自分最高のセックスを常に与えようとすること。

 

ただ、そういう態度が怖すぎてできない!自信がない!という場合は、自分が昔の恋に引っかかってることも少なくないんです。
つまりまだ痛みがあるのでそれを癒しつつ、自分がいい女であることを受け入れていくプロセスがすごく大切です。

だって自信がないと口説き落とせない相手ですからね。
いっぱいテストしてくるんですもの。

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーわかるーーーーーーーーーーーーーー

わかるよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

これは私にとって衝撃のブログだったや…

 

さっきまさに私がかいた、いっぱいテストしてくる

ですね。

 

nemotohiroyuki.jp

 

さて、そういうわけで、自分を愛しましょう、自分に惚れましょう、という書き方をいろいろとしてきましたが、それこそが「私を確立すること」に他なりません。

私が彼みたいな男が好きで、野良猫を追いかけて捕まえてぎゃふんと言わせるのが喜びで、そのために女を磨くし、セックスも自信付けてるし、ボキャブラリーも用意してるし、そんな自分が大好きだし、、、という女はそれだけで魅力的なので、彼もYさんをそうそう無下にはできません。

だから、今のYさんは彼によって「よりいい女になるために強制的に女磨きをさせられている状態」とも言え、彼と出会ってから随分といい女になられたんじゃないですか?と思うわけです。

ということで、

1.どんな恋がしたいのだろう?
2.どんな女になりたいんだろう?
3.自分はどんなことをしたいんだろう?

 

そうそう、これこれ。よしよし。

 

nemotohiroyuki.jp

 

nemotohiroyuki.jp

 

ふふふふふ。