My hero が My darling になるまで -元小悪魔の挑戦-

わたしらしさで落とします。元小悪魔。

ダークサイド回避法

ダークサイドに、落ちなくなった。

 

落ちる必要が、なくなったから。

 

ダークサイドに落ちて落ちて

 

ああ、わたしは可哀想なんだ

わたしは愛されないんだ

 

って、思わなくて良くなったから。

 

なんつーか。

無意識に、だいすきになっちゃったって言ったくせに

 

それを言ったら、

いやそんなことはない

とかって言ってくるんだけども。

 

なんか、、こう、、、

別に大好きでもそうじゃなくても

どっちでも良くて。笑

 

わたしは、すきです。

 

あなたとのコミュニケーションは最高に輝きます。

 

で、それをあなたも受けとってるじゃないですか。

 

それが、答えです。

 

としかもう、言いようがないのよ。ね。

 

確かにね、

ほんとうに愛されてるとしたら

こういうことをしてくれるだろうとか

こういう態度はしないだろうとか

 

そういうのは、ある。

 

あるんだけども。

もう、それさえも仕方ないじゃないの。

 

中途半端なんですから。

そんなもんなんですから。

 

ええ。わたしは、そんなもんなんです。

 

これ、決して自己否定してる流れじゃないの。

 

わたしは、これだ。

っていう、わたしを受け入れたよってことなの。

 

んだから、

好きなままでいていいな、とも思えたし。

好きなまま、他の人を好きになっていいな、とも思えたし。

 

今迄恥じらいを持たなきゃとかね

貪欲なのは良くないとかね

 

そういう自分を否定してた部分もね

全部、認めちゃおうと。

 

だって、気持ち良いんだもん。

その方が、わたしらしい。

 

良い意味での開き直り。

 

また、あの感覚を味わいたいなと思うわたしは

たしかに。いる。

 

昨日ティアラ参加して

青木千景さん来てくれて

そのときにぽろっと涙が出たのは。

 

わたしの子宮の声なのか

それとも小さな私なのかはわからないけれど

 

「やっと、気付いてくれたね。

気付いてくれて、ありがとう」

って、言ってたんだ。

 

それに涙が出てしまって、大泣き。

 

ああ、わたしはこんなにも自分の中に眠る

セクシュアリティとか、

感情を、否定して抑えてたんだなぁと。

 

もう、迎えに行くよって

否定しないよって

 

気付いてくれてありがとうって

そう言ってた。

 

広告を非表示にする