わたしは絶対に幸せになる!

My hero が My darling になるまで

でもいつかは

こう、言いたいんだと思う。

 

だいすきだったよ

でも、あいてのはなしをされるのは

それはそれはいやだったよ

 

さいしょからその気がないなら

そう言って欲しかったよ

 

途中で揺れたのなら

そう言って欲しかったよ

 

わたしはただただ、

あなたの気持ちの中にわたしはいたのかを

知りたかったんだよ

 

ほんとうに

それだけでよかったんだよ

 

いやだといいつつ続けているのは

それでも続けたいと思ってるからだよ

 

あいしてるんだよね

 

それに気付くために

きっと、わたしと会って

わたしを使ったんだよ

 

わたしは、それがいちばんくやしいよ

 

なみだが、でるよ

 

なによりもなによりも

それもわかってるのに

それでもすきだと思ってしまった自分を

1番責めてることが

 

わたしはきっと

深く深く傷になってるのかもしれない。

 

でも一方で、

覚悟をどこかでした部分もあるから

 

後悔がない部分もあって

それは間違いなく

わたし自身に力をくれている。

 

だいじょうぶ。だいじょうぶ。

 

そういうことも含めて

まるっと受け止めて

 

幸せになるんだから。