わたしの中に愛はある。既に幸せ。

My hero が My darling になるまで

感謝が生まれる。

今日、散々落ち込んで気づいたことはね。

 

いーーーーーっっっっっっっっっつも

私のことを守ってくれる、大切な上司がいること。

 

信じて聞いてくれる、大切な仲間いること。

頼ってくれる、大事な営業さんがいること。

 

それに、気づけた。

 

いつもね、忘れちゃうの。

ここがあるから、私は自由をやらせてもらっているのだということ。

 

あるものを、当たり前にあると思って

ないものを、欲しいものを。

もっと、もっと、と。

 

私ありがとうとか

とっても大好きだとか

そういうの、すごく思っているのに。

 

伝えるの、下手なんだな。

 

みんな、言葉に出さないけど

みんな、私にやりやすいようにしてくれる。

 

私が怒られる時は、私がきっと暴走したときで

私はもしかしたら他に悩んでいる人よりも

すごく幸せな場所で悩んでいるのかもしれない。

 

と、気づいた。

 

だからといって、

あのタスクを一人でやりきれるとは思っていなくて

 

迷惑をかけないようにと思っているんだけど

だからギリギリまで粘るんだけど

 

そして謎のそれを隠す能力は人一倍なようで

というか誰にも自分がやりきれないと思っていることを

悟られたくなくて

(「いらない子」って言われるのがひどく怖いみたいで)

 

でも

結局、

できないものはできないので

迷惑はかける。

 

うむ。もういいじゃないか。

迷惑はかける。ごめん。

 

。。。わたしの根底にいつもいる言葉が出てきた。

 

いらない子

「おまえは、いらない」

 

私の過去に、そんなふうに言われた記憶はないのだ。

 

いつも頑張ってきたので、優秀な子でいたくて。

 

・・・だから、きっと

頑張らないと、いらない子になるって

いつからか思っているんだなと。

 

そして。

そういう弱さを知ってもらいたい思いが強い。

 

でも隠してるから

気づくわけがないのだ。笑

 

というか、気づいたら私の一人コントでは「大失敗」なのだ。

 

で、それを必死に隠し続けて来たのですが。

 

最近見事にぼろぼろと崩れていて。

 

崩れているのに、崩れていない振りをする。苦笑

 

最近はね、自分は完璧じゃない

完璧でいなきゃ、はもういい

それは思えるようになっているんだけど。

 

今度は自分のできる場所と

できない場所を理解し始めたら

できない場所を「できない」って言えないということに気付いた。

 

もう、めんどくせえよ自分。。。。。苦笑

 

 

うーんうーん。

 

素直になるって、難しいだねぇ。

というか、すごく怖いんだねぇ。。

 

だってできないって言うんだもん。

頭真っ白ですって

理解できてないですって言うんだもん。

 

じゃあいいよって

いらないよって

仲間はずれになるこわさ

 

おまえは、いらない

つかえないから

頭が悪いから

弱いから

ヒロインぶってるから

重いから

デブだから

 

おわーー。。。

すごく色々、我慢してるんだ。

 

そして同時に、

こんなのを好きになってくれないと思っている。

 

でも、よく考えて見てほしいのだ、自分。

 

私、好かれてるんじゃない?

愛されてるんじゃない?

だって、たすけてって言ったら

たすけてくれるんだよ。

 

バーって混乱したとき、

つまりはさびしいよーーーーーって大泣きしたとき、

家に帰らないで話を聞いてくれる人が

いるじゃない。

 

もっと、ほしい。

それは、いまの私の気持ちでは嘘じゃない。

 

でも、でも

もらっている愛をちゃんと受け取ろう。。

 

ありがとうって、ちゃんと言おう。

 

たくさん、たすけてくれるひとが、いた。

やさしいひとが、たくさん、いた。

 

一人じゃないよ

あなたは、いらない子じゃないよ

大丈夫だよ

いるだけで、いい

 

自分がどんなに

いらない子って思っているのか

すごく、よくわかった。

 

いらなくなんてない。

大事にされているよ。

特別だよ。

 

大丈夫だよ

いきてていいよ

いきてていい

やすんでもいい

泣いてもいい

大丈夫

わたしは、愛されているから

わたしは、いきてていいの