ほんわりほわほわ

たのしかった。のみかい。

 

今日はね、あのひとの会社の別の部署のひともね

連れてきてくれたの。

 

そのひとは女の人なんだけど、

わたしがそのひととお仕事をすることがあって。

 

そのひとに、わたしとご飯したいってあのひとが言われて

実現したのみかいでした。

 

んで。

けっか。

 

わたしはいつもどおりなので

いつもどおり、夫婦漫才して。笑

 

いーっつもね、

化粧が濃いとか

太ったとか

その洋服はいやだとか

そういう注文をつけてくるわけですよ。

 

で、まぁさ、そのへんって

自分が興味なきゃどうでもいいじゃん?

 

だからそれを伝えてくるのは

悪いことではないんだけど。

 

流石にさ、傷つくわけよ。。

 

で、それがちょっとずつ積もってくの。

 

でも普段これ言っても相手にされないかなぁとか

かまってちゃんかなぁとか思って言えなくて。苦笑

 

だからね、今日は。

その女の人がいてくれるから、

ここぞとばかりに言ってやった。笑

 

ひどいんですよーって

わたしのこといつもそうやってからかうんですよーって

流石に傷付くよーって

 

ちゃんとそのお姉さんもわたしに賛同してくれたので。

 

言えてスッキリ。笑

 

さっきまでれんらくとってて、

寝るよーって言ったあと

でももう少し優しくしてくれていいとおもう!って言ったら。

 

優しくできるところはするわ、って

言ってくれました。笑

 

、、、、、いや、まだまだだろうけど。笑

 

まぁ、まずは良い。

 

ちょっとはやり過ぎたと思ってるんだな。

 

よいよい。

 

そこをちゃーんと目一杯喜んで、

それであとは向こうが意識し続けてくれればよいよい。

 

たのしかった。◎