ああ

妙に、腑に落ちた。

 

先週の金曜日、わたしが過去にデートしてた男の子と、あの人が近しい関係であることを伝えたとき

 

その男の子の名前を伝えたとき、

名前はいらない。って言ってた。

 

調べるかなぁって思って、って言ったら

なに、タイプ似てるなって思えばいいのって言ってた。

 

これ、嫉妬だ。

 

それで、土曜日に繋がったんだ。

 

今週、トゲトゲした台詞が多かったり

わたしが傷付くような言葉を言ったのは。

 

僕は、君といられないから

君を幸せに出来る自信がないって

だから、離れていくんでしょう

っていう、不安と自信のなさだ。

 

クリスマスは、みないでおきたかった自分の現実を目の前に見せるからだ。

 

わたしが、他の人と遊んでることを

久々に、伝えたからだ。笑

 

そこから、わたしが出来ることはただ一つ。

 

大丈夫だよ、そばにいるよ。

愛されてると、わかってるよ。

あなたの最大限をくれてありがとう。

 

そう、伝えることだ。

 

相手の状況とか、

時間とか、

そんなのどうでもいい。

 

このひとは、いなくならない。

そう、決めた。

 

というか、わたしがこのままがいや!!笑

 

まったく、もう。笑

 

かわいいひとね。

 

さて、ここからはわたしのターンだ。

 

どうしてやろうか。

寂しい、

いなくならないで、

僕を好きでいて、

僕のそばにいて、

 

そう伝えてきているあのひとを、

自尊心を損ねずに

適切なタイミングで

どう伝えるか。

 

よぉし。やってやろうじゃないの!笑