きたきた

http://voguegirl.jp/horoscope/shitake2017-h1/

しいたけ!!笑

 

蟹座さん、なんか来年は主役になれってさー

 

以下引用。

2017年は自分を好きになることと、そして誰かを好きになることに対して遠回りなんてしないでください。「人を好きになりたいけど、今の自分にはまだやらなければいけないことがある」と言って遠回りをしないでください。

 

2017年のあなたはこれまで以上に強く愛を必要とします。それはあなた自身が誰かを愛するということもそうですし、あなたが誰かから強く愛され、信じられていくという両方の意味も含まれています。

 

これまでも、これからも、あなたは「愛する」ということに対して手を抜けない人です。あなたが愛したものは、あなたの元へ2017年に形を変えて帰ってくるから。

 

あなたが2017年に強烈に求めるものは、
「夢を見ていくために、もっと広い世界を見ていくためのパートナーを必要とする」

 

2017年のあなたの恋愛に遠慮はありません。気づかれないような裏方の愛をするのではなくて、正々堂々と愛を求める。「あなたと一緒にいると私がうれしいから」。恋愛の理由はそれだけで構いません。

 

そして2017年も引き続きあなたには激動の匂いがします。だからこそ、その人と一緒にいることによって、その人のことを考えていることによって出てくる愛の言葉は、相手に積極的に伝えていったほうがいいです。愛の言葉とは「その人と一緒にいることによってしか、その人のことを考えることによってしか出てこなかった感覚」のことです。今の自分が一生懸命、誇りを賭けてやっていることを報告したいと思える相手を何人も持つこと。その人たちに自分のことを伝えていくこと。「言わなくてもわかってくれればいいのに」はなしで。その人たちに認めてもらうことなんて考えずに、「ただそれをやっている自分が好き。そして報告ができる人たちがいて幸せ」という感覚を気持ちのなかでキープし続けてください。

 

引用ここまで。

 

うーん。

すごい。笑

来年はとにかく遠慮するなってさ。笑

 

たしかに、今年、わたしは強くなった。

ただそれは昔のような強がりからくる仮面の強さでは中、

一つ、強くなった。

たくさん泣いた。

人を愛せた。

自分の揺れる心を受け止めてあげられた。

 

うん、なんか大丈夫!

 

ちなみに天秤座さんは。

 

あ、引用ここからね。

あなたにとって2017年は「もう一度生まれ直す」というぐらいまで大きな転機の始まりとなる年になる可能性もあるのです。

 

あなたにとって「これまでは正解だったこと」が自分にとって「もう正解として感じられない」という変化が起こってきているはずですし、「じゃあ、何が私にとって正解になるのか」は、その回答を出していくために、もう一度五感の力を頼らなくてはいけません。ここでひとつのキーワードを出したいのですが、2017年の上半期に、あなたは「子ども返り」をする必要があります。

 

今までの自分の記憶や経験に基づいて「こう感じる」「こうする」と自動的にやるのではなく「こんなこともあるんだ」「あ、私はこう感じるんだ」ということを、できればイメージとしては「記憶喪失からよみがえった人」のような感じでやってほしいのです。「以前の私ならこう感じていた古い記憶はあるけれど、今の私はこう感じるんだ。新鮮」という感じですね。

 

でも、長く続いてきたあなたの「当たり役」って、「もうそろそろ違う役に入ってもいいよ」という形で卒業していくのです。これまではみんなが知っている「〇〇〇〇(←ここにあなたのフルネームが入ります)」から、みんなが知らないあなたになっていくのです。

 

あなたは2017年をひとつの節目として「人生がガラリと変わって」しまってもいいのです。新しい展開を「生まれ直した感覚」で迎えていっていいのです。ちゃんと「ワクワク」してください。そして楽しむこと! 0(ゼロ)に戻ってしまうのなら、それはそれで全然構わないから。

 

引用ここまで。

 

すごくない??笑

しいたけはわたしの味方だわー笑

 

さてさて、今日はあのひとも混ぜた忘年会です♡

ああ、楽しみ♡

今日は少しだけ大人な印象で。

 

かみさま、わたしにあのひとをください。