My hero が My darling になるまで -元小悪魔の挑戦-

わたしらしさで落とします。元小悪魔。

占い ラブスプレッド。

f:id:yoinkmy:20161121002327j:image

 

あの人と今後、どうなるのか。

占ってもらったのだけれど。

 

ちなみにわたしはいま、

占いに依存していることを自覚してます。

 

少し、抜け出したけどね。

 

そして、いつだって

自分で方向を決めるしかないのも

わかってはいるから。

 

さて、この占いをしてもらって

印象に残っているのは。

 

2番の顕在にある、世界。

あなたは、この関係で今は満足だと

どこかで受け止める覚悟を、しなかった?

 

そう聞かれた。

そして同時に

2番の潜在にいる、女帝の逆位置。

 

本当は、とても可愛らしい

女の子としての独占欲みたいなのを、

必死に抑えていない?

 

そう聞かれた。

 

ここは、正直びっくりした。

 

そう。

女の子として、あの人の1番になりたい

なりたいなりたい、そう思い過ぎて

バランスを崩し、それで自分を保つために

あの人を断とうと思った。

 

たって、すこしだけ冷静になり

覚悟というか、まぁ、あの人の気持ちはあの人にしかわからないから

わたしはわたしらしく、

待つでもなく、自由に恋しようと、

ある意味今を受け入れた矢先だから。

 

自分のことを好いてくれるひとがいる。

それだけで、モテてる感じかして嬉しい。

それだけなんだろうな、いまは。

それを、ね、わたしは感じてるんですよ。

 

で、それが悲しくて、苦しくて、いやで。

わたしを見て欲しくて、

でもそう言うのはこわくて。

ってのか、まさにあらわれてたなぁと。

 

一方、あの人の方。

現状で、星の逆位置。

これは、逆位置でも悪くないカード。

 

あなたのことを今までは

ただ、見ているだけで愛おしい気持ちになった。

でも、いまはあの人の中で

それ以上を期待してしまう自分がいる

そう教えてくれました。

 

なるほど。まぁ、わからなくもない。

というか?その感情が生まれたことが進歩だわ。

 

3番の箇所はどっちも逆位置。

マジシャン逆位置は、状況を変えたい

わかっているのに、ごまかす。

吊られた人逆位置は、状況を変えたい、

だけど自分では何もできない。

 

そういうカードです。

 

、、、わたしからすれば

自分では何もできない????はい???

あんたの人生には何ひとつ、自分で決められないことなんてないのよ!!!

優柔不断め!!!くそが!!!!

と、檄を飛ばしてやりたいと思うくらい。苦笑

 

まぁ、それがあの人が思ってることなのだとするならば、

わたしが変えられるわけじゃないのでアレですけど。

 

あと最終結果が面白くて。

運命の輪と、死神。

これはすごくいろんな風に読めるよね。

 

ひとつ捨てれば、運命の輪が回り出すわ

そしてわたしの環境を表す箇所に太陽が出てるので、

あなたはひとつ手放せば、

素晴らしい未来が待ってると。

 

つまり。

あの人への執着を手放せば、

あの人よりも素敵なひとが、運命によって引き寄せられてくるわ。

 

とも読めるし、

 

あの人への執着を手放すことで、

あの人がわたしの環境に収まるようになり

結果大事だと気付いて、運命の輪が回り出すわ。

 

とも読めるんですよ。

 

まだ他にも読めそうだけどねー。

 

結局のところ

世界から、死神、そして運命の輪って

かなり繋がったなぁと感じたわけです。

 

わたしは覚悟をした。強くなった。

早く手に入れたい、

抱きしめてと思うわたしもいることを受け止められてきた。

だから、焦らなくていいと覚悟出来た。

 

それはある種、あの人への強い想いの執着を捨てた、ということで。

 

死神は、それをすることで

運命の輪をまわす、つまり

わたしが幸せになれる目的にたどり着く縁があるってことだと。

 

先日も書いたけど、

わたしが離れようとしたときに

仕事関連であの人と離れられない事案が起こる。

 

それは紛れもなく、運命なんだ。

大袈裟な意味じゃなくて、運命がそうしてる。

 

仕事っていう、私的な感情を少し抑えてるなかでそういうことになるから。

 

なんとなく、それが答えだと思ったんだ。

 

わたしが好きな人できる

あの人がわたしへの想いに気付く

追いかけられる

わたしはあの人の腕の中に収まって

こっそり女豹顔。

 

これが、わたしの強く願う心理です。

かなえよー。。

ああでも、あの人よりかっこよくてお金持ちなら全然そちらの方でいいな♡

 

わたしは、当然1番に愛される価値があるので。

うふ♡