ほんとうは

どうして、

なんで

どうして、わたしを大切にしてくれないの

一番に早くしてくれないの

 

好きだって、言ってくれないの

抱きしめてくれないの

飛んできてくれないの

愛してくれないの

 

そう、思ってる。

 

わたしがわたしを大切にしてないんだよね。

泣き切ることが必要なのかもしれない。

感じ切ることが必要なのかもしれない。

 

もう疲れたよ。

もう、疲れたのに

まだあの人を想ってるのはなんでなんだろう。

 

だいすきなの、だいすきなの。

信じたいの。

信じたから、裏切られるのがこわいの。

 

伝わってるのもいやなの。

それで偽りに優しくしてるならいらないの。

本当に、愛してくれたらいいの。

 

って思ってる。

 

じゃあどうしたら、本当に愛してると

愛されてると、自分は認めるの?

 

だきしめてほしいの?

それだけでいいの?

 

たぶん、すごく欲深いところまで堕ちてる。

 

もっと純粋に、だいすきでいたいよ。

 

たすけて、かみさま。

幸せになっていいと思うんだ、本当に。