まだぐらっと

仕事の大事な箇所を私以外で話されることが

こわい。

 

お前はいらないと言われてるみたいに聞こえるから。

 

でもそうじゃない。

自分で聞かないって言い放ったんだ。

 

それは拗ねだ。

わたしを必要だと言ってくれなくて寂しかった。

わたしを必要だと言ってくれなくて悲しかった。

 

必要だと言って欲しかった。

大事にして欲しかった。

 

うん、そうだよね。

出来るようになりたかったよね。

だって、出来るようになったら

もっとあの人に近付ける気がしたからね。

 

でも、本当にそう?

努力したから、近づけたかもしれない。

でも努力しなくても、そこに近付けなかった?

 

いや、ちがう。

わたしはわたしのままで、わたしの明るさのままでいたから、

あの人に愛されたんだ。

 

そのままのわたしを笑ってくれて、

そのままのわたしをかわいいと言った。

そのままのわたしを、太陽みたいと言った。

 

そのままでいいんだ。

 

しばらくは拗ねるけどね。笑

この仕事がひと段落する、今週水曜日までは。笑

 

まぁ、よい。

それもどうしてそうなったのかが

わかるようになったから。

 

うん、もうしあわせになっていい。

幸せになれるもの、わたし。