読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My hero が My darling になるまで -元小悪魔の挑戦-

わたしらしさで落とします。元小悪魔。

手放す

他の人のブログを見て、ハッとしたことがある。

 

あなたが彼を愛しているならば、

その人の幸せを願うだけで、

その人が幸せであるなら、私の隣でなくても

わたしは十分に幸せである。

 

たしかに、少し前まではちゃんとそう思ってた。

だから、彼はわたしとの時間を居心地の良いものだと感じて、

わたしのそばにいてくれた。

 

最近、思わなくなってた。

 

わたしの隣にいることが、彼の幸せだと思ってた。

違う。

あの人が素直に自分らしくいられる場所は、

今の場所じゃないかもしれない。

でも、わたしは

あの人が心から笑っていられる場所がわたしじゃない場所にあるなら、

それはそれで、幸せであるならいい。

 

それは、今でもやっぱり受け入れられて、

そう心から思える。

 

ただ、わたしはやることは一つで、

わたしは、わたしのために

あなたが幸せであれと祈り、

わたしは、わたしのために

あなたが心地良い笑顔を見せてくれるように

動くんです。

 

それは、わたしが心地良いから。

あなたが幸せなら、わたしも幸せ。

 

大事な大事な気持ち、忘れてたなぁ。

 

わたしに話してくれたとき、

苦しい顔をした。

自分らしくいられないから、苦しいと伝えてきた。

 

それが、わたしは苦しかった。

それを、わたしは取り除きたかった。

 

わたしといる時間はそれを感じないなら、

それが一番幸せだ。

 

もっと、手放したい。

わたしは、わたしのままで愛されるのだから。

 

こころがざわざわするのも、

わたしがここまで人を好きになれたことの証明だから。

大丈夫、大丈夫。

 

進んでるよ、前に。